日本で最も早く祀られたのは那覇市で明の永楽二二年(一四二四)に当時の琉球王国の唐栄(営)が最古とされており、下天妃宮と呼ばれています。また、14世紀頃、中国との朝貢貿易始まった頃、福建よりもたらされた「上天妃宮」が一層古いという説もある。現在、那覇至聖廟内に天妃宮として祀られています。那覇市久米の上天妃廟跡は石門だけが保存されており、石門に続く石垣は布積みとあいかた積みから成る。天妃小学校の敷地内にある。
http://www.geocities.jp/ryuuko5/210kumetenpi.html
なお、久米島にも媽祖廟が祀られています。
青森県大間町大間稲荷神社は元禄9年(1699年)に水戸から遷座したのが発祥という説もあり、現在も大間町の稲荷神社には天妃様が祀られていて、平成8年から毎年7月20日には天妃様行列が実施されています。http://www.jomon.ne.jp/~oomas/
茨城県北茨城市磯原天妃山
(参考)http://www.geocities.jp/gotos_room/_geo_contents_/tenpisan.html
茨城県大洗町
茨城県水戸市八幡町―寿昌山祇園寺
茨城県小川町
千葉県佐原市荒川
神奈川県箱根町―箱根観音福寿
http://www.geocities.jp/hakonekannon/
大阪市勝山通り二丁目
神戸市中山手通り七丁目
長崎県平戸市川内町
長崎県長崎市鍛冶屋町―崇福
http://tencoo.fc2web.com/jinja/xns-sofuku.htm
長崎県長崎市寺町
長崎県長崎市西坂野(二)
鹿児島県笠沙町の野間神社は、廃仏毀釈以前は野間権現と呼ばれ、近世初頭には娘媽神が合祀されていたことから娘媽権現とも呼ばれています。http://tabetabe.hp.infoseek.co.jp/kasasakikou2-3.htm